【孤独な日乗】人生で起こること、すべてよきこと。

30代男。日々考えたことや気づいたことを記録。【孤独な日乗】は、永井荷風さんがヒント。

20200528_「二度寝」が何度もできる睡眠時間を確保するという発想転換

雨のち曇 夏日 最高26℃[-1] 最低18℃[-1]

「春夏スーツ×長袖シャツ」で仕事へ。
昼間は湿気のせいか、マスクのせいか、暑かった。
17時ごろ、夕立。少し涼しくなる。
長袖シャツの下に下着は着ない作戦が功を奏した。
これなら、ジャケットを羽織っても何とか耐えれる暑さなので、見た目もスマートだ。
もう少し暑くなったら、ジレパン(ベストにシャツ)で行こうと思う。
基準は、最低気温が20℃以上だろうか?または、最高気温が28℃以上??
最低が25℃以上なら、終日半袖でも行ける。やはり最低気温が20℃以上を基準にしよう。

 

仕事の後、ATMでお金をおろし、床屋へ行くも混雑。明日以降に延期である。
スマホ決済や交通系ICのおかげで、キャッシュレスな生活。
停電やスマホの故障、災害時への不安もあるが、コロナが心配されるいま、接触の少ない支払方法は安全性が高い。
現金を経由して、コロナがうつることはあるのだろうか?

 

夕飯は、回転ずし。1品忘れられたが、違うものが食べれたので結果オーライ。
アボカド巻きが美味しかった。
退勤間際に管理職につかまり、雑談して帰りが遅くなり、夕立に遭遇。
床屋は混雑し、百均のレジに並ぶ、電車は行ったばかりで5分待たされても、やっぱりこの言葉を思い出す。
「人生で起こること、すべてよきこと」なのだ。
「どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも 今日のいま このためと言える きっと言える」by THE TIME(Chage&ASKA

 

最後に、近所のセブンイレブンでハガキを印刷。
写真入りのハガキが1枚60円(カラー)で印刷できるなんて、本当にすごい時代だ。
家庭にプリンタなんて不要である。あれは、インク代が高い。場所も取るし、パソコンは毎日使っても、プリンタは毎日使わない。インクでプリンタメーカーは儲けているらしい。

 

最近悩んでいた頭痛、今日はたいぶマシであった。
その理由を考えると、「よく寝たから」という仮説が浮かび上がった。
昨晩は22時30分過ぎに就寝。21時30分過ぎにお風呂から出てからは、パソコンを触らず、スマホもほとんどやらなかった。
最近ブームの炭酸水(レモン入り)を飲みながら手帳を書き、以前読んだ愛読書『しないことリスト』(pha著)を読んでいた。
途中、ソファで軽く寝ている場面もあった。
このリラックスから早く寝たのがよかったのかもしれない。
ただ疑問なのは、休日は寝不足でも、そんなに頭痛がないことだ。
仕事のストレスかと思ってが、違うのだろうか。

 

早く寝ると、途中で起きてしまうため、避けていた。無理に遅くまで起きていたこともある。「自分は眠くない」と信じていたのだ。今思うと、結構馬鹿げている。身体の声が聞けていないのだ。
あと、寝るのがもったいない、という発想もあった。
その日を、諦めきれないのである。
でも、朝方に二度寝するということは、睡眠時間が足りないのではないか?と仮説を立てた。
二度寝してしまうなら、二度寝しないぐらいまで(もう寝れないという限界まで)寝る時間を確保して、起きてしまっても何度も寝ればいいのではないか」という発想の転換をした。
これは大発見である。

 

今日も、お風呂の前にブログを書き終え、パソコンを閉じたいと思う。

 

f:id:hokabeng:20200528203227j:plain

20190504_ヒョウが降った